セレスティアルクルーズ情報

3泊4日クルーズ

金曜日午前中にアテネ(ピレウス港)を出発し月曜日朝に帰着する3泊4日のウィークエンドクルーズは、島巡りを効率的にお楽しみいただけます。

初めてのクルーズに、また陸の旅もクルーズも楽しみたい欲張りさんにぴったりです!

4泊5日クルーズ

月曜日午前中にアテネ(ピレウス港)を出発し、金曜日朝に帰着する4泊5日クルーズ。ロードス島での終日滞在があるので、ほっと一息。クルーズ全体がゆったりと落ち着いた印象になります。

日程に余裕がある方、特にご家族旅行におすすめです!

7泊8日クルーズ

アテネを月曜日に出発し翌月曜日に帰着する7泊8日クルーズです。
季節によって、ミコノス島やサントリーニ島に1日以上滞在したり、イスタンブール(トルコ)やアレクサンドリア(エジプト)に寄港する3つのコースを設定しています。


魅力的な寄港地

アテネ

民主主義発祥の地アテネは、人口約1100万人のギリシャの首都。ユネスコの世界遺産のマークにもなった有名なアクロポリスのパルテノン神殿をはじめ、街中の至るところに遺跡が見られます。アテネには港がないので、クルーズは南西に約10キロほどのピレウス港から発着します。

ミコノス島

鮮やかなブーゲンビリアが咲く青い窓枠の白い家と風車の島 。ミコノス島は「エーゲ海の真珠」と称されています。迷路のようなミコノスタウンでは地図を持たずに散策し、リトル・ヴェニスや風車を探しあててみてください。島のマスコットのペリカンと遭遇するかもしれません。

クシャダシ(トルコ)

エーゲ海に面したトルコのリゾート地。2015年に世界遺産に指定されたエフェソス古代遺跡の入り口です。エフェソス古代遺跡は、とても保存状態の良いギリシャ・ローマ遺跡で、遺跡に立つと古代都市の繁栄と、そこを行き来した人々の息吹を感じ取ることができるようです。

パトモス島

聖ヨハネが啓示を受け「黙示録」を書いたとされことから、「エーゲ海のエルサレム」と呼ばるキリスト教の聖地です。ミコノス島やサントリーニ島のような有名な島ではありませんが、その分、訪れる観光客が少なく静かで、島本来ののんびりとした雰囲気を味わうことができます。

ロードス島

港から堅牢な要塞の門をくぐると、聖ヨハネ騎士団が築いた石造りの街。まるで中世の時代にタイムスリップしたようです。ヒポクラテス広場や騎士団長の館近くのオルフェウス通りのカフェやタベルナでひと休みしながら、街の様子を眺めるのも楽しみです。(4泊5日クルーズの寄港地です。)

イラクリオン(クレタ島)

エーゲ海最大の島クレタ島最大の都市中心地。港から5キロほど南東にミノア文明の遺跡「クノッソス宮殿」があります。クノッソス宮殿とイラクリオン考古学博物館は必見。また、自然豊かなクレタ島は上質なオリーブオイルやはちみつの産地としても知られています。

サントリーニ島

世界中から観光客を引き寄せる絶景の島。島へのアプローチの際は、断崖の頂に白く雪が積もったような光景を船の上からお楽しみください。世界一の夕日として知られるイア、首都フィラで、テレビやポスターで見たことのある景色を探して写真撮影をしたり、特産品のワインもおすすめです。